[1.12.2対応]~レンタルサーバーでプラグイン対応マルチサーバーを作る~(win)

サーバーを建てるのが初めてなんだけど…
なんか、VPSってサーバーを借りないといけないって聞いたんだけど…
難しそう…

 

どうも。milksaladです。

どうです?このようなことを思ったことのある人は少なからずいるのではないでしょうか。

大丈夫です。その悩み、すべて解決いたします。

サーバーの種類について
この後、サーバーの立て方を紹介しますが、

まず、サーバーはレンタルサーバーを使用します。

作業するパソコンはwindowsになります。

え?レンタルサーバー使うの?

自宅のパソコンをサーバーにすることは出来ないの?

いえいえ、もちろん可能です。

その場合は以下の記事をご覧ください。

記事作成中…(ごめんなさい)

レンタルサーバーは使うとして、macなんですけど、どうしたらいいですかね?

その場合はこちらの記事をご覧ください。

記事作成中…(ごめんなさい)

 

サーバーを用意する

 

まずはサーバーを用意します。

VPSっていうのを借りるんだよね?

VPSって何?

なんか難しいんじゃないの?

なんか、さっきも同じ事聞きましたね….

 

まずは、やはりサーバーがないと何もできませんよね。

サーバーを借りる方法と、おススメのサーバーについては以下の記事をご覧ください。

厳選!!マルチにお勧めのレンタルサーバーを比較!!

2017.10.23
サーバーを契約してきたよ。

で、どうすればいいの?難しい?

大丈夫です。基本的にはコピペするだけで作成可能なようにしています。

この中の文字をコピペすればできるようにしていきます。
なんだ。簡単じゃないか。

そうなんです。実は、結構簡単なんです。

補足
以下の作成内容は、最も簡単な作成方法ではありませんが、全然簡単なのでこのまま進んでもかまいません。

内容は、プラグインを使用したspigotというサーバーを建てて、

24時間常に動かしておくためにscreenというものを使用します。

プラグインを使用しない場合はさらに簡単になります。

もし、この記事を見て、実際にやってみたけれど、難しくてできなかった

という人は、以下の記事をご覧になってください。

 

 

用意するソフト

Tera Term

Windows向けのターミナルソフト。
サーバーに命令を送るソフトと思っていただいてOKです。

WinSCP

Tera termではできない直感的な操作ができます。

windowsのエクスプローラーのサーバーバージョンと思ってください。

Git

spigotというプラグインを用いるサーバーを作成する場合に必要なサーバーをbuildするソフトになります。

buildとは、そのままの通りサーバーを作ると思ってください。

注意
こちらのソフトでbuildを自分でせず、他の方がbuildされたものをダウンロードされる方もいますが、実はそれは規約違反になりますのでお勧めできません。むしろやめて下さい。 

 

サーバーを立てる

サーバーを立てる準備をする

まずはサーバーの元となるものを作っていきます。

作業を円滑にするためにCドライブにBuildToolsという名前のファイルを作成します。

BuildTool.jarをダウンロードし、そのファイルの中に入れます。

サーバーをbuildする

ここからの作業がプラグインを用いるspigotサーバー特有の作業になります。

インストールしたGitは3つのソフトがあると思いますがそのうちのGit Bash(人によってはGit Bushの場合もあります)を起動してください。

するとこのような画面が起動します。

まっくろですねw

この真っ黒な画面を見て、「難しそう」と思う方もいますが、大丈夫です

基本的にコピペでOKです。

ではまず、最初のコマンドです。

cd C:¥BuildTools

こちらをコピペしてください。

補足
こちらは、先ほど作成したBuildToolsというファイルにアクセスするコマンドです。

まれに、このコマンドがうまくいかない場合があります。

その場合はお手数ですが、ご自身で入力ください。

以下、コピペしたコマンドはenterを押して実行してください。

次にいよいよbuildします。

java -jar BuildTools.jar

こちらのコマンドでbuildします

ただし、こちらは最新版のbuildになります

過去のバージョンのサーバーを用意するためには

java -jar BuildTools.jar --rev 1.11.2

このようにコマンドの最後に必要なサーバーのバージョンを変更してください。

 

buildが始まると、画面がブワァーーーーーーーーとなりますよね。

そのまましばらくお待ちください。

最後に、またこのようにカラフルな文字が出てきたらbuildが完了しました。

それではbuildtoolsファイルを見てみるとこのようになっています。

このなかのspigot-1.12.2.jarを使用します。

1.12.2以外のサーバーをbuildされた場合、spigot-X.XX.X.jar(Xにはその時buildしたサーバーのバージョンの数字がはいります。)を使用します。

このとき、craftbukkitも一緒に生成されますが、これを使った場合bukkitサーバーができます。

ですがbukkitは劣化版spigotといっても差し支えないようになってきましたので、使用する必要はありません。

 

spigotサーバーではbukkitサーバーのプラグインを使用可能です。

もう、Git Bashは使用しません。ウィンドウを閉じても大丈夫です。

サーバーを建てる

それではWinSCPを起動します。

その時、初めての場合このような画面が出ます。

ここで重要なのが、サーバーのアドレスとrootパスワードを入力します

特にrootパスワードはほとんどのVPSサーバーでサーバー契約時にご自身で決められた思います

忘れた場合は各サーバーへお問い合わせください。

またサーバーアドレスはIPv4アドレスを使用します

ユーザー名は root と打ち込んでください

一部のサーバーではポート番号を22から変更しなければならない場合があります。

その場合は、適切なポート番号にご変更ください。

 

書き終えたら 保存 をクリックします。

その後、homeというファイルの中にserverという名前のファイルを作ります。

ファイルの作り方は、上の{新規}をクリックし、[ディレクトリ]をクリックします。

そうすると名前を記入する画面が出るのでserverと打ち込んでください。

基本的にはエクスプローラーと同じ感じになります。

 

Tera termでサーバーを起動する

では、やっとサーバーを起動します。

tera termというソフトを起動し、WinSCPと同様にまず、

ホストにIPv4アドレスを入力し、[OK]を押した後、

ユーザー名にroot

パスフレーズにrootパスワード

を入力し[OK]を押します。

このような画面が出てきたら成功です。

補足
tera termはメモ帳などのテキストエディターとは違い、ペーストはマウスを右クリックします

ここで一度サーバーを立ち上げます。

cd /home/server

このコマンドでspigotのあるファイルに行きます。

ここでマイクラのサーバーを動かすためにjavaが入ってるか確認します。

これがないとサーバーは動きません。

Java?
javaが何かわからない人は、サーバーという共同マンションを建てるための土台だと思ってください。
java -version

こちらでjavaが入ってるか確認します。

openjdk version “1.8.0_121”
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_121-b13)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode) 

このように表示されていればjavaは導入されています。

各種数字は様々です。

javaがサーバーに入っていない人はこのコマンドを実行してください。

yum -y install java
注意
javaがすでにサーバーに入っている人はこのコマンドを実行しないでください。

いよいよサーバーを立ち上げます。

java -Xms1024M -Xmx1024M -jar spigot-1.12.2.jar nogui

これでサーバーが起動します。が!

補足
-Xms1024M -Xmx1024M これはサーバーの仕様可能メモリを指定するコマンドです。

サーバーの性能に応じて変更してください。

上のコマンドは、メモリを1GB使用する設定になります。

1024Mの部分を1Gと入力しても同様の動作が行われます。

 

spigot-1.12.2.jar の部分は、spigotファイルの名前を入力します。

spigotの名前が異なる場合は、その名前を入れてください。

 

さて、サーバーを建ててみるとこのような画面が出て、サーバーがストップします。

このままtera termは起動しておいてください。

それではWinSCPで/home/serverの中を見てみましょう。

ソフトを起動したままの人は、更新ボタンを押してください。

するとこのように少しファイルが増えています。

この中のeula.txtをダブルクリックし開きます。

 

eulaに承諾し、サーバーを再起動する

eulaに中の

eula=false

を、

eula=trueにし、

左上角の保存ボタンを押し、保存します。

これはマイクラの規約に同意したことになります。

そして再びtera termで、

java -Xms1024M -Xmx1024M -jar spigot-1.12.2.jar nogui

このコマンドで再びサーバーを開くと、このような画面になります。

これでサーバーが立ち上がりました

ですがtera termは起動したままにしてください。

 

サーバーへ入る前に…

サーバーは起動しました、が!

まだサーバーに入ることは出来ません。

え?なんで?

サーバーは起動したんだから入れるんじゃないの?

サーバーは起動しましたが、サーバーへ入るためのポートが解放されていません。

 

まず、tera termで

stop

を入力してください。

これでサーバーを閉じます。

 

次に、

cd /root

と入力してください。

では、今からサーバーへ接続するためのポート開放をします。

firewall-cmd –permanent –add-port=25565/tcp

と入力してください。

すると、

success

と表示されます。

今これで25565というポートを開放しました。

25565はマインクラフトのサーバーのデフォルトのポートです。

そして、先ほどのポート開放の設定を反映させるために以下のコマンドを入力してください。

firewall-cmd –reload

こちらも

success

と表示されるはずです。

これでサーバーへ入るための扉が開きました。

まだtera termは起動したままにしておいてください。

サーバーへ入る

やっとサーバーに入れます。

サーバーへ入るときは、マルチプレイを選択し、サーバーアドレスにIPv4アドレスを入力してください。

サーバー名は何でも構いません。わかりやすい名前を付けてください。

 

入力が終わったら、完了を押し、サーバーへ入ってみましょう。

 

どうでしょうか。無事サーバーへ入ることは出来ましたか?

基本的にはこれで全ての工程は終わりです。

サーバーを閉じるときは、サーバーのデータを保存してから終了するために、tera termで次のコマンドを実行してください。

stop

これでサーバーは閉じましたのでtera termを終了してもOKです。

 

再びサーバーに入るときには、tera termを起動し、

cd /home/server

でサーバーデータのある所まで行き、

java -Xms2G -Xmx2G -jar spigot-1.12.jar nogui

でサーバーを起動します。

 

注意
tera termを終了するとサーバーも閉じてしまいます。

stopをせずにtera termを終了すると、ワールドデータの破損を起こす可能性があります。

かならずstopをしてサーバーを閉じてからtera termを終了するようにしてください。

 

サーバーには入れたけど、ずっとサーバー動かすには、ずっとtera termを起動しないといけないの?
いえいえ、実はtera termを終了してもサーバーを起動したままにできる方法があるんです。

screenについては以下の記事をご覧ください。

screenを使って、サーバーを24時間動かそう!

2017.11.05

 

この記事を見ても

「上手くいかなかった」

などありましたら、コメント欄にてご質問ください。

また、どうしても自分ではできないと思われる場合は、こちらのサービスをご利用ください。

マインクラフトのサーバー作成を代行します 作成代行だけでなくサポートもOKです。

よくわからなかった点や、詳しく教えてほしいところなど、どんどん教えてください。

ここまでの作業お疲れさまでした。

楽しいマインクラフト生活を期待しています。

 

….お知らせ….

こちらのサイトを見てサーバーを設営された方はご連絡頂けるとありがたいです。

当サイトやTwitter等で宣伝することも可能です。

この記事を共有する

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

マインクラフト歴5年のmilksaladがあなたの困ったを大解決! と、言いたいですが、まだまだ私にもわからないことがたくさん...。 このブログを見てくださっている方々と共にたくさんの知識を共有できればと思います。 マインクラフトに関して、Yni区serverという名のマルチサーバを運営しております。 興味のある方はぜひご参加ください。 当ブログトップページの「お問い合わせ」からすべてのサーバーに参加可能です。