conohaのVPSで超超超簡単にマイクラのサーバーをたてる方法!

先日、conohaのVPSからminecraftのテンプレートイメージがリリースされました。

それに伴って、conohaのイメージキャラクター

美雲このはちゃんのスキンが手に入ります。

 

私もgetしました。

 

それでは、今回のサービスでどのようなことができるのかご紹介していきましょう。

 

美雲このはスキンのダウンロード方法

スキンのダウンロードはこちらのサイトから可能です。

 

こちらのサイトには、スキンをダウンロードしたあとの、設定方法も紹介されています。

 

ですが、ダウンロードするファイルはzip形式ですので、解凍を忘れないでくださいね。

 

サーバーの契約方法

サーバーの契約方法はこちらのサイトをご覧ください。

 

注意
minecraftのサーバーは1GB未満のサポートはされていませんので契約も必ず1GB以上です。

またサーバーはバニラです。

プラグインを入れることは出来ません。

 

かなり詳しく紹介されているので、何も問題はないと思います。

 

ここからは、独自の目線でメリットとデメリットをご紹介していこうと思います。

 

メリット

超簡単にサーバーが立てれる

ご自身で設定する必要はないので、超簡単にサーバーを建てることができます。

今まで、コンソールやあの黒い画面を使うサイトはいっぱい紹介されています。

ですが、今回は違います。

何も設定することはありません。全てやってくれます。

 

補足
サーバーを契約したら、すぐにサーバーにログインすることができます。

「契約したけど、サーバーに入れないから、もう少し待ってみよう」

と思う必要はありません。それはエラーが発生していますので、サーバーを再起動してください。

 

簡単なのに自由に設定変更可能

サーバーは勝手に作ってくれますが、やはり少しサーバーの設定を変えたくなりません?

マインクラフトのサーバーは、server.propertiesという名前のファイルに設定が書かれてます。

こちらはご自身で自由に設定することが可能です。

 

追加料金は無し

もちろん、minecraftを自動で作成してくれますが、そのための追加料金などはありません

お支払する料金は、サーバーの料金だけです。

もちろん契約はvpsになります。

 

デメリット

コンソールが使えない

これはかなり大きいです。

サーバーを作成した後、たくさんの人に入ってもらったとします。

そうすると、サーバーが高負荷で落ちることもあります。

 

実際に、1GBのサーバーと2GBのサーバーを契約し、1GBのサーバーの中でTNTを大量に設置し、爆発させようと火をつけましたが、

すぐにサーバーが落ちました。

 

そして、サーバーが起動することはありませんでした。

 

サーバーを起動するには、conohaにログインし、サーバーを再起動させます。

 

通常、サーバーが落ちてしまったときは、ssh接続をするか、コンソールを使ってサーバーのscreenというものの中に入り、サーバーを起動させます。

そう考えると、簡単に見えますが、

そういうことを言いたいのではありません。

 

つまり、サーバーをメンテナンスするときや、サーバーを閉じるときなど、コンソールやssh接続を使うこともあると思いますが、

使えません!

 

といっても、完全に使えないのではなく、サーバーが起動しているときに、サーバーのコンソールは出せません。

これは、不便に思う人は多いのではないでしょうか。

 

バニラサーバー”しか”作れない

今回のテンプレートイメージで作成可能なのはバニラサーバーです。

プラグインサーバーやmodサーバーを作成する場合、通常のvpsを契約してサーバーを建てる方法と同じ手順を踏まなければなりません。

 

サーバーのデータは、optファイルの中にありますので、bungeeCordを使用される方は注意してください。

プラグインサーバーの作成方法はこちらをご覧ください

[1.12.2対応]~レンタルサーバーでプラグイン対応マルチサーバーを作る~(win)

2017.09.30

 

こんな人にオススメ

メリットとデメリットをご紹介しましたが、どんな人にオススメなのかご紹介します。

 

全く知識ない初心者

サーバーを一度も立てたことのない人は、いろいろなサイトを見てサーバーを建てようと頑張ります。

ですが、うまくいかないことも多々あるのではないでしょうか。

そんな時は、今回のテンプレートイメージを使用してみるといいと思います。

 

サーバーを身内だけで使う人

サーバーは完全バニラサーバーが作成されるので、hack対策ができないです。

hack対策をするには、コマンドを使ったりコマンドブロックを使ったりしますが、コマンドが良くわからない人には、なかなか難しいですよね。

なので、身内だけで使う場合には、サーバーの知識はほとんど必要ないのでオススメです。

 

現在、conohaではキャンペーンを行っております。

こちらのバナー↓から契約すると700円分のクーポンが手に入ります。ぜひご利用ください。



 

実際にサーバーを使ってみた感想

実際にサーバーを使用してみた感想としては、

軽い

先ほどは1GBのサーバーではすぐ落ちましたが、今から紹介するのは2GBのサーバーです。普段VPSで2GBのメモリ割り当てでサーバーを建てているときよりは軽いような気がします。

で、ちょっと負荷テストです。

まずはTNT100個を爆発させてみました。

全然余裕でした。

 

で、ここで調子に乗りました。

さすがにサーバーは落ちましたが、中々落ちなかったです。

やはり2GBの割には軽い気がします。

4GBや8GBだともしかしたらサーバーは落ちなかったのかもしれません。

 

結果はこうなりました。

そのあと、20人ほど同時接続しましたが、そこまで重いようには思いませんでした。

クロック回路も全然平気です。

補足
今回は2GBを契約しその紹介をしましたが、2GBではサーバーが重たく感じても、簡単にメモリを増やすことができます。

そういった点では、かなり柔軟にメモリを変更できるので、いいと思います。

 

 

まとめ

 

  1. サーバーが超簡単に作れる
  2. コンソールは使えないと思え!
  3. サーバーの知識は必要ない
  4. 追加料金なし!
  5. なんか軽い!

 

こちらの記事の内容は、一部conohaへお問い合わせをさせていただいた内容を含みます。

ご質問はある程度お答えすることは可能ですが、基本的に、この記事に記載のないことはconohaへ直接お問い合わせをお願いします。

この記事を共有する

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

マインクラフト歴5年のmilksaladがあなたの困ったを大解決! と、言いたいですが、まだまだ私にもわからないことがたくさん...。 このブログを見てくださっている方々と共にたくさんの知識を共有できればと思います。 マインクラフトに関して、Yni区serverという名のマルチサーバを運営しております。 興味のある方はぜひご参加ください。 当ブログトップページの「お問い合わせ」からすべてのサーバーに参加可能です。