プラグイン紹介 ViaVersion

突然ですが。

「1.8から1.12まで入れますよ」というようなサーバー。見たことありませんか?

あるけど、どうやるの?

超簡単です。

viaversionというプラグインを導入するだけでできちゃいます。

 

 

 

プラグインのダウンロードと導入方法

ダウンロードはこちらのサイトから可能です。

ダウンロードしたプラグインはサーバーのpluginsファイルの中に入れ、リロードか再起動を行ってください。

 

前提プラグイン ProtocolLib

前提プラグインはこのプラグインを使用するために必ず必要です。

ダウンロードはこちらから可能です。

 

ダウンロードするだけ!?

実はこのプラグイン。

ダウンロードしたプラグインをpluginsファイルに入れるだけで完了です

注意
pluginsファイルに入れてた後は必ず、リロードか再起動を行わないとプラグインは導入されません。

 

サーバーのバージョンに注意

*https://www.spigotmc.org/resources/viaversion.19254/より

 

こちらの画像を見てください。

横の列がプレイヤー側のminecraftのバージョンです。

縦の列がサーバー側のminecraftのバージョンです。

これを見ていただくと分かると思われますが、サーバーに入れるバージョンに制限があります

ご注意ください。

 

with viabackwardsと書かれたものは、viabackwardsというプラグインを導入するとログイン可能になります。

ダウンロードはこちらから可能です。

viabackwardsのみを導入しても意味はありません。viaversionを一緒に使用しなければ動いてくれません。

 

デメリット

メリットはもちろんいろんなバージョンでログインできるのですが、ここでデメリットが大きいので紹介しておきます。

 

ラグが大きい

サーバーと異なったバージョンでログインしたうユーザーは、サーバーと同様のバージョンでログインしたユーザーと比べてラグいです。

特にPVPサーバーだとよくわかるのではないでしょうか。

 

階段ブロック・ハーフブロックが上に置けない

続いては建築勢に大問題のこちらです。

サーバーと異なったバージョンで入れても、建築はあまりお勧めできません

なぜならば、階段ブロックは上下さかさまにおけません

またハーフブロックは必ず下のみです。

上付きハーフにはできません

この記事を共有する

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

マインクラフト歴5年のmilksaladがあなたの困ったを大解決! と、言いたいですが、まだまだ私にもわからないことがたくさん...。 このブログを見てくださっている方々と共にたくさんの知識を共有できればと思います。 マインクラフトに関して、Yni区serverという名のマルチサーバを運営しております。 興味のある方はぜひご参加ください。 当ブログトップページの「お問い合わせ」からすべてのサーバーに参加可能です。